ΔL等級とは?

防音フローリングの防音性能の表示方法が変わります。

防音フローリングをはじめ、マンションの床の防音性能表示にはこれまで、「LL-45」などの表示方法(推定L等級)が使われてきましたが、2008年4月に「床材の床衝撃音低減性能の表現方法に関する検討委員会」から、新しい表示方法(ΔL等級)が発表され、当工業会でも、これに従い順次新しい表示方法に変更していくことになりました。
※当工業会加盟床材メーカー各社では、当面カタログで新旧表示方法を併記しています。

ΔL(デルタエル)等級とは

従来の表示方法が空間性能を推定したものであったのに対して、ΔL等級は床材が床衝撃音をどれだけ抑えられるかという製品単体の低減性能を表すものです。ΔL等級の場合、値が大きいほど性能がよいことになります。(例:4等級のほうが2等級より性能がよくなります。)

新しい表示方法(ΔL等級)は、「床材」単体の遮音性能(床衝撃音低減性能)を表します。

床材が、床衝撃音をどれだけ低減できるかを表すものです。

従来の方法が空間性能を推定したものであったのに対して、新しい表示方法は、床材単体が床衝撃音をどれだけ抑えられるかという低減性能を表すものです。

床材の床衝撃音低減性能はどのように測定される?

「空間性能」は、コンクリートスラブや床仕上げ、壁など建物を構成する構造全体の総合的な性能の結果として発揮されるものです。
そのうち床材がどれだけ床衝撃音を低減させているかを表す「床材の床衝撃音低減性能」はどのようにして測定されるのでしょうか。

床材の床衝撃音低減性能は、実験室で測定されます。

イメージ図

新しい方法は、「ΔL等級(デルタ エル トウキュウ)」と呼びます。

Δ(デルタ)は、「変化量」や「差分」を意味する数学記号です。新しい 表記では床材の低減性能を示すため、この記号が採用されました。

推定L等級とΔL等級について

床衝撃音低減性能に関する表示

現在の表示《推定L等級》 新しい表示《ΔL等級》
イメージ図 限定条件下で空間性能を推定したものです。
具体的には、実験室での測定結果を元に、限定条件の建物を想定して、その製品が実際に使用された状態を推定したものです。
イメージ図 床材製品単体の床衝撃音低減性能です。(製品性能)
実験室で、一定条件の下で製品単体の床衝撃音低減性能を測定し、算出します。
このページのトップへ