ロボット掃除機ご使用時

ロボット掃除機は、ものを引きずったまま走行し走行部が劣化したり、ワックスの乾燥が不十分な場合や、ブラシに砂ぼこりや小石などが噛みこんだ場合など、使用状況によってフローリング表面を傷つけるおそれがあります。また、床材表面のツヤが落ちたり、幅木にあたって傷がつく場合もあります。床材の取扱説明書をお読みの上、正しくご使用ください。
※ロボット掃除機が使用できない床材もあります。

このページのトップへ