マンションのフローリング選び

イメージ図

管理組合の管理規約を確認したうえで、条件に合ったものを選びましょう。

マンションなどの集合住宅では上下階に対する生活音(歩行や飛び跳ねなど)の配慮が必要になります。生活音を伝わりにくくするフローリングもありますので、管理規約の条件を確認した上で、適合する性能を持ったフローリングを選びましょう。

おすすめの商品を見る

防音規定は?
管理規約にフローリングの遮音性能が決められている場合がありますので、これらを確認してからフローリングを選びましょう。よくわからない場合は、管理組合または販売会社に問い合わせてください。
直張り?二重床?
フローリングの工法に「防音直張り」と「二重床」があります。
適用可能か管理組合に確認の上で選びましょう。
「直張り」「二重床」について くわしくはこちら
汚れにくい?お手入れは簡単?
汚れが付きにくく落しやすいものを選びましょう。
ワックスがけをしなくても美しさが長持ちするフローリングもあります。
すり傷や摩耗に強い?
食器など物を落としたり、家具や椅子を引きずっても塗装が剥げたり色落ちしにくいフローリングもあります。
フローリングに傷をつけないために

おすすめ商品はこちら

商品名にカーソルを合わせると説明文が表示されます。

このページのトップへ